NFTの受け取り&確認方法

まず。NFTを受け取るためにはウォレットが必要になります。そこで、①メタマスクでウォレット作成する方法を説明させていただき、その後、②受け取ったNFT作品を確認する方法を説明いたします。

【パソコンのメタマスクの作り方】

PCの場合はWebブラウザ拡張機能を使用します。
まずはGoogle Chromeが必要になります。以下のURLよりダウンロード、インストールをしてください。

https://www.google.com/intl/ja_jp/chrome/

インストールが出来ましたら、Google Chromeを開いて以下のURLをクリックして、メタマスクを追加しましょう。

https://chrome.google.com/webstore/detail/metamask/nkbihfbeogaeaoehlefnkodbefgpgknn?hl=ja

右上にあるChromeに追加のボタンを押してインストールをしてください。

以降、メタマスクインストール後の流れを画像を使って説明していきます。インストール後は以下の画像のようになります。開始を押してください。

同意するを押してください。

右側のウォレットの作成を押してください

パスワードを作成してください。

次へを押してください。

画像

秘密の言葉を表示するには、ここをクリックしますの箇所をクリックしてください。

画像

クリックすると以下な単語の羅列(シークレットリカバリーフレーズ)が出てきます。これをメモしておいてください。※可能であればノートなどにメモしておいて、絶対になくさないでください

メモをしたら、次へを押してください。

画像

※なお、このフレーズ(モザイクの部分)は誰に聞かれても絶対に教えないでください。どんな信頼できる人でも教えてはいけません。このフレーズを悪用されるとあなたの資産はすべて奪われてしまいます。

フレーズの確認が行われますので、メモした順番にクリックしてください。

画像

すべて完了を押してください。

画像

これでパソコンのメタマスクの作成が終わりました。

【スマホでのメタマスクの作成の仕方】

ほとんどパソコンと同じ流れですが、スマホでのインストールの方法も解説します。まずはiPhoneの方はApple storeから、Androidの方はGoogle playからインストールをしてください。インストール後、アプリを開くと以下の画面になるので開始を押してください。

画像

新規ウォレットを作成を押します。

画像

同意するを押してください。

画像

パスワードを作成してください。

画像

開始を押してください。

画像

開始を押してください。

画像

秘密のリカバリーフレーズを表示するにはタップしてください、を押してください。※パソコンだとシークレットリカバリーフレーズと出ますが同一のものです。

画像

秘密のリカバリーフレーズをメモしてください。

画像

※なお、このフレーズは誰に聞かれても絶対に教えないでください。どんな信頼できる人でも教えてはいけません。このフレーズを悪用されるとあなたの資産はすべて奪われてしまいます。

リカバリーフレーズをメモした順番通りに並べていき、バックアップを完了を押します。

画像

メモ通りに並べたら以下の画面になるので完了をおしてください。

画像

これでスマホでのメタマスクの作成が完了です。

【NFTの受け取り方】

作成後はこのような画面になります。
※この画像はPCですが、スマホも似たような画面になります。以降、パソコンの画像で説明していきます

私からアドレスを送信してくださいという当選のDMがあった場合は、Account1の下の文字の羅列をクリックしてコピーをし、そのコピーをした羅列を私にDMで送ってください。

画像

※このメタマスクの場合は0xf2D458a12975099f4c1cD06DBACd34e74049cC76という羅列が出てきます。ここで作ったこの羅列が、ウォレットアドレスです

【OpenseaでのNFTの確認の仕方】

以下のURLからOpenseaを開いてください。

※オープンシーはGoogleから検索しないでください。偽物のホームページがTOPに出ていることもあるので、必ず正式なURLか確認してください。正式なURLはhttps://opensea.io/jaです。

ホームページを表示させたら、右上の人のアイコン(赤い丸をしている部分)をクリックしてください。

画像

Profileをクリックしてください。

画像

ウォレットを接続してくださいと出るので、メタマスクの右側にあるPopularというボタンを押してください。

画像

Popularを押したらGoogleChromeの右上にあるメタマスク(狐アイコン)の拡張機能のボタンを押します。

画像

※もしGoogleの右上にメタマスクが表示されてなかった場合は、拡張機能のボタン(この画像だと狐アイコンの右のボタン)を押してください。その後、メタマスクの右にあるピンのボタンを押せば表示されます。

画像

MetamMaskを使用して接続という表示が出るので次へを押してください。

画像

接続を押してください。

画像

Accept and signを押して下さい

画像

署名を押してください。

画像

署名後は以下のような画面になります。

画像

NFTをしっかり受け取ることができていれば、ここのNo items to displayという箇所にNFTが表示されます。もし表示されていない場合は、Moreというボタンを押してください(赤丸で囲んでいる部分です)

画像

一番下のHiddenを押します。

画像

送られたNFTはHiddenの中に入っている場合があります。Hiddenに表示されている場合も、しっかりとNFTを受け取ることが出来ているのと同意なので安心してください。

以上でメタマスクの作成の仕方とオープンシーでのNFTの確認の仕方の解説を終わります。ありがとうございました。


こちらの記事は @rairaitanaka さん 作成していただきました。ご協力いただきありがとうございます。